FAQ

取引について

ポジションの決済は、取引時間内にのみ可能です。また、急激な相場変動、流動性の低下、原資産の取引市場の停止などにより取引が制限される場合、対象銘柄の一部または全部が取引できなくなる可能性があります(ただし、これらに限定されません)。

弊社では、トレンドの分析や、市場の動きを予測するのに役立つインディケータや描画ツールを備えたチャートをご用意しています。 チャートタイプや 表示期間、時間軸 の変更等、インジケータ、ツールを組み合わせて、ご自身のスタイルに合わせ、チャート をカスタマイズできます。

お客様のニーズに合わせてチャートをカスタマイズすることが可能です。チャート画面のアイコンをクリックし、関連するドロップダウンメニューのオプションから簡単にカスタマイズできます。

FX取引は元本が保証された取引ではなく、多くのリスクが伴います。
取引を開始する前に、取引の仕組みやリスクを十分にご理解いただきお取引いただきますようお願いいたします。以下は、FX取引に関連するリスクの一例となります。以下はあくまで一例にすぎず、他にも様々なリスクが想定されます。

  • 価格・指数変動リスク
    外国為替証拠金取引(FX取引)は、ハイリスク・ハイリターンの取引であり、元本が保証される取引ではありません。世界中で起こる様々な要因により、取引対象通貨の価格(相場)が変動し、これによりお客様に損失が発生することがあります。また、相場が急激に変動した場合や、弊社による取引制限により、お客様は、お預けになった証拠金額以上の損失を被る可能性があります。
  • 流動性リスク
    原資産の取引市場又はカバー先の提供する流動性の低下に伴い、弊社が提供する店頭 FX 取引における流動性が低下することがあります。弊社はお客様への取引価格の配信を停止することもあり、配信再開に至るまでの時間帯においては、取引の一部又は全部が停止又は遅延するリスクがあります。また、弊社が取引価格の配信を停止した場合は、停止前にお客様から受注した指値注文及び逆指値注文、並びに自動ロスカットの執行は、取引再開時のレートを基準として判定及び約定が行われます。したがって、価格配信の停止時に相場の急激な変動があった場合、お客様が指定した価格よりも大幅に乖離した価格による約定が発生する可能性もあり、また、お預けになった証拠金を超える額の損失(元本超過損)が生じる恐れもあります。
  • レバレッジ効果によるリスク
    外国為替証拠金取引は、レバレッジ効果(てこの作用)があり、差し入れた証拠金と比べ何倍もの大きな金額(想定元本)の取引が可能となります。そのため、証拠金の額と比較して、わずかな価格の変動により大きな利益を得ることが可能な半面、大きな損失を被るリスクがあります。

FX/CFD取引に伴うリスクの詳細な説明については、 取引説明書 を参照してください。

ポジション以下の方法で決済することができます。 成行注文、指値注文、逆指値注文(トレール注文、ギャランティ・ストップ注文) それぞれの詳細については以下をご確認ください。

トレール注文は、決済逆指値注文に相場の動きに一定の値幅で追随する機能を追加した注文方法です。相場がお客様に有利な方向に価格が動くと、お客様が設定したトレール幅に従い、決済逆指値価格が修正されます。 保有するポジションの提示価格が、有利な方向に動いた場合、お客様のトレール注文価格も設定したトレール幅に従い有利な価格に変更されます。相場が不利な方向に動いた場合、決済価格は変更されず、最後に変更された価格にに留まり、利益を保護するように設計されています。
トレール注文は、逆指値注文の一種で、決済の際にスリッページが発生する可能性があり、指定したトレール幅でポジションが決済されるという保証はありません。

135.000円でUSDJPYを買い、 トレール幅を100としてトレール注文を設定した場合、134.900円で決済逆指値注文が設定されます。 USDJPYの価格が上昇し、135.200円(20銭上昇)になった場合、決済逆指値注文価格が、トレール幅に従い135.100円(20銭上昇)に変更されます。その後、USDJPYの価格が135.100円まで下落すると決済逆指値注文が執行され決済されます。

一般的に、USD/JPY等の対円通貨では、小数点2位(0.01円)、対円以外の通貨ペア(例:EUR/USD)では、小数点4位(0.0001)を1pip (ピップ)とされています。

Pipの例:
GBP/USDの価格が1.42630 / 1.42650(Sell / Buy)とします。 GBP/USD の価格が 1.42670 / 1.42690 に変動した場合、Sell レートと Buy レートはそれぞれ 4 pips 変動したということになります。

USD/JPYの価格が136.390 / 136.400 (Sell / Buy)とします。 USD/JPYの価格が136.370 /136.380円に動した場合、Sell レートと Buy レートはそれぞれ 2 pips 変動したということになります。

取引を行うには、あらかじめ証拠金を預託しておく必要があります。 各銘柄には最低取引単位や必要証拠金率が定められており、必要証拠金(=取引数量×取引価格×必要証拠金率 )以上の資金が必要となります。「取引単位」は、証拠金率、取引時間などの他の取引条件とともに、各銘柄の銘柄詳細で確認できます。

お客様の有効証拠金が維持証拠金と同額または下回った場合、弊社はロスカットを執行し、未決済ポジションの一部または全てを維持証拠金額が少ないポジションから順に有効証拠金額が維持証拠金額を上回るまで強制決済します。

維持証拠金は、ポジションを保有・維持するために必要な資金です。各銘柄の維持証拠金率は、 取引画面の銘柄詳細で確認することができます。

取引口座の有効証拠金が維持証拠金を以下となった場合、ポジションの一部または全てが、有効証拠金額が維持証拠金額を上回るまで決済されます。 詳細については、ロスカット(強制決済)とは何ですか?を参照してください。

新しくポジションを建てる際に必要な資金のことです。取引を行う前に、予め資金を預託しておく必要があり、取引口座の有効証拠金が必要証拠金額を超えている必要があります。 各銘柄の必要証拠金率は、 取引画面の銘柄詳細で確認することができます。

解決しませんか?

答えが見つからない場合はお問い合わせください。

お問い合わせフォーム 電話お問い合わせ

※お電話でのお問い合わせ受付は、月曜日~金曜日 9:00~17:00になります。